トップページ

    このサイトではレジェンドの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「レジェンドの買取相場を検索して高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトで紹介しているオススメの車買取店を利用してみてください。

    ホンダのレジェンドを高く買い取ってもらうために大切なことは「複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社のみとか家の近くのホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取業者からの査定額を比較することができるので、レジェンド(LEGEND)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい人気のサービスなので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社へレジェンドの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「出来ることならレジェンドを高く売却したいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているレジェンドの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちのレジェンドでも高く買い取ってくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社からのみ!電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    レジェンドの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車相場が提示されるので、「自分が今乗っているレジェンドの買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社のみで売却を決めずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのレジェンドでも高く売ることができます。

    最大で10もの会社がホンダレジェンドの買取査定をしてくれるため、納得できる価格を提示してくれた車買取業者に売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携企業は約200社以上、最大10社が愛用のレジェンドを査定します。

    1社だけでなく複数の業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したレジェンドをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように大手企業の楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    レジェンドの買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントがプレゼントされるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用したレジェンドを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10業者がホンダ・レジェンドの査定してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度チェックしてみてください。







    車の買取業者にはそれぞれ特色があり、軽自動車や事故車、輸入車などある特定の種類の車種販売が得意だったり、若しくは専門的に販売している店舗が存在します。

    もし自分が売ろうとしている車が軽自動車だったら、当然かもしれませんが、軽自動車の販売を得意とする会社に買い取ってもらった方がきっと高値を付けてくれるはずです。

    特定ジャンルに長けた業者は一括査定サイトを利用した場合に、一般の買取会社よりも幾らか高値で取り引きしようとしてきますから、判別することができるでしょう。

    特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまう幾分かのキズや微細なヘコみなどは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり大きなへこみがあるケース、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、査定時に減点されるのが回避するために自分で費用を出して直したとしてもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、数は多くありませんが、極悪非道なことをする業者も紛れています。

    その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、即時にその車を明け渡すように勧められて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。

    一定の手続きを踏むことをしないでせかせかと車を持っていこうとする会社は特に注意した方が良いでしょう。

    中古車屋の査定というのは、見落としのないよう細分化されたリストがあり、それぞれの標準からプラスいくつ、マイナスいくつといった方法で点数をつけていき、価格を総合的に割り出すようにしています。

    中でも減点対象としてはずせないのはヘコミやある程度目立つ傷が車体に見られる場合です。

    気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、むしろやらない方が良かったなどというケースも多いです。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、通常はそのままで売りに出したほうが良いでしょう。

    もはや修理もできない状態の車を「全損」と言いますが、一口に全損といっても2種類に大別できます。

    ひとつめは言葉のイメージ通り大破した物理的全損で、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    事故などの際、車両保険から支払われる額は、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は価格を割り出します。

    もし実勢価格と違うと思ったら、きちんとした説明を求めるべきですし、改善してもらう点でもあります。

    マイカーを売却する際は現物を見て査定してもらう必要があります。

    査定の形式は、簡単に分けると2種類です。

    比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。

    なにしろ手軽なのは言うまでもなく、足(車)がなくて不自由することはありませんが、中古車の買取りを専門に行っている業者と比べると、低めの査定額になるのは否めません。

    では中古車買取業者に査定依頼するとどうなるのかというと、少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、高値になる傾向があります。

    自動車を売り払った後になって、瑕疵担保責任を理由として買取店舗側が契約を解除してきたり買取金の減額を通達されることがたまにあります。

    万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば自分の方が非難されるべきですが、査定スタッフが見落とししていたことに起因するものであれば自分に非はないのです。

    業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっていると相談することが最善でしょう。

    中古自動車を売るときなどは、きちんと心構えをしていたとしても、予期しないトラブルに巻き込まれてしまうことがあるでしょう。

    自動車を売却する際にたまに遭遇する案件として、売ることが決まってから「実は問題点が見つかりました」等の話をされて買取額を目減りさせる場合があります。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならば責任があるのは自分側です。

    でも、隠し事をしていたりしないのであれば、査定するときにあらかじめ確認しなかった方が責任を取るのが普通ですから、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。

    中古車を売ろうとするときには多くの書類を提出しなければいけません。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、印鑑証明書だけ新しく取得すればOKです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて車を購入する際にも必要になってくるので、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    また印鑑証明書の有効期限は発行した日から3ヶ月間となります。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。